美容液の効果

美容液に使用期限はあるの?期限切れを使うとどうなる?

更新日:

 

いつもメイクの際に活用している美容液ですが、美容液には使用期限があるのか気になったことはありませんか?

美容液といっても毎回使っていても使い切るのは難しいですし、長く使っているけどなかなか使い切らないなど困ったことになりますよね。

使い切っていないのに捨てるのはもったいないからと使用期限を過ぎた美容液を使い続けていると、何らかの問題が発生するかもしれません。

そこで、美容液には使用期限があるのか、使用期限が過ぎた美容液を使うと何が起こるのかなどについてご説明します。

そもそも美容液に使用期限ってあるの?

そもそも美容液に使用期限なんてあるのかと思われますが、もちろん他の化粧品と同様に美容液にも使用期限がきちんとあります。

美容液の使用期限はどれくらいなのでしょうか。

美容液を開封する前の使用期限とは?

美容液の使用期限は未開封の時点でおよそ3年とされています。

美容液の多くは使用期限が記載されていないことが多くあるので、一体どのくらいの期間に使い切ればいいのか分からない人もいるでしょう。

しかし、使用期限が記載されていない美容液は薬事法に基づいて作られている為、3年以上使えるものには使用期限が記載されていません。

この場合、未開封で3年以上ということである為、開封後も3年以上使い続けられるということではないので勘違いしないようにしましょう。

もしも使用期限が記載されているのであれば、その期限内に使い切るようにしましょう。

美容液を開封した後の使用期限とは?

開封後の美容液の使用期限は基本的に早くて数ヶ月以内、遅くて1年以内とされています。

これは美容液を1度でも開封してしまうと空気に触れてしまう為、酸化がどんどん進んでしまうからです。

酸化するほど美容液の劣化が進んでいくので、開封したら早めに使い切るに越したことはありません。

これは美容液に使用期限が記載されていなくても早めに使い切ることが推奨されており、劣化した美容液を使ってもそれほど効果が現れないこともあるほどです。

開封前は3年ほどの期限がありますが、開封した後は出来るだけ早く使い切ってしまいましょう。

そんなに早く使い切れないと思うかもしれませんが、美容液は基本的に1回で使う量を元に使用期限が決められています。

つまり、使用方法や1度に使う方法をしっかりと守っていればきちんと早めに使い切ることが出来ます。

時には美容液を使わなかったり使う量を減らしたりすることもあるでしょうが、それを繰り返していると次第に使い切れない状態になってしまう可能性があるかもしれません。

無添加や防腐剤が使われていない美容液の使用期限はどう違うの?

使用期限が3年、開封後は数ヶ月の美容液は基本的に添加物や劣化を防ぐ防腐剤が含まれているものである可能性があります。

しかし、美容液の中には無添加かつ防腐剤が一切含まれていないものがあります。

肌に刺激を与える恐れがある添加物や防腐剤が一切含まれていない美容液の効果は一般的な美容液とは一線を画すもので、満足出来る効果が得られるでしょう。

ただし、様々なメリットがあったとしても劣化を防ぐ為の工程が行われておらず、それに伴う成分も含まれていないことから使用期限が短いのが最大のデメリットと言えます。

その使用期限は未開封の状態で2年ほど、開封後は3週間程度から3ヶ月程度と添加物や防腐剤が含まれている美容液よりも圧倒的に短いです。

商品によって若干の違いがあるので、使用期限が記載されているものを使うのがお勧めです。

また、開封前の2年、開封後の3ヶ月を過ぎてもまだ使えるという美容液もありますが、無添加や防腐剤不使用にこだわっている人は注意しましょう。

本来無添加や防腐剤不使用にも関わらず期限を過ぎても使い続けられると謳っている美容液には、少なからず添加物や防腐剤が含まれている可能性があります。

もちろん少しでも含まれていると肌に影響を与える恐れがあるので、使用期限は短くても無添加や防腐剤が含まれていない美容液を使用するのがお勧めです。

使用期限が過ぎた美容液を使用するとどうなる?

美容液の使用期限を説明しましたが、それでももったいないからといって使用期限が過ぎた美容液を使用するケースが後を絶たないでしょう。

では、使用期限が過ぎた美容液を使用するとどんなデメリットがあるのでしょうか。

劣化が進行している期限切れの美容液は効果を与えるどころの話ではない!

開封後は空気に触れてから徐々に劣化が始まっている為、使用期限を過ぎるまでに使い切る必要性があります。

もしも使用期限が過ぎた美容液を使った場合、その効果はないに等しいでしょう。

満足出来るほどの効果がほとんど得られないのはもちろん、様々な肌トラブルの元になります。

例えばシミやそばかす、色素沈着、くすみ、ニキビや吹き出物、かぶれ、かゆみ、肌荒れ、肌の炎症など聞くに堪えない肌トラブルばかりです。

もったいないと思って使っていた美容液によって以上のような肌トラブルが起きてしまったら元も子もありません。

肌トラブルを引き起こさない為には、もったいなくても絶対に使用期限が過ぎた美容液を使わないようにしましょう。

使用期限が過ぎた美容液を見分けるコツとは?

いくら使用期限が過ぎた美容液を使ってはいけないとはいえ、使用期限が記載されていないものはどのようにして気を付ければ良いのか分かりませんよね。

ですが、美容液の劣化を見極めるコツがあります。

コツを知ることで美容液を買い換えるタイミングが分かるようになるでしょう。

ポイントは3つ!上手に状態を見極めよう!

美容液の劣化を見極めるポイントは3つあります。

・成分が分離、または白い何かが沈殿していないか
・最初に開封した時と臭いが違っていないか、または刺激臭がするか
・変色していないか

以上が美容液の劣化を見極めるポイントです。

美容液が劣化してくると成分が変化して分離するようになります。

もしも白い何かが沈殿していた場合は劣化によって成分が沈殿してしまっている状態です。

また、開封した時に以前と違う臭いだったり、刺激臭がする場合は美容液そのものが腐っていると判断出来ます。

そして美容液の変色は確認すれば明らかなので、使い始めた時と色が違っていたり、濁っていたりした場合は直ちに使用を止めましょう。

使用期限が過ぎていなくても劣化が見て分かる?

美容液は使い始めた瞬間から空気に触れている為、その時から劣化が進行します。

適切な場所に保管していれば劣化の進行を遅くすることが出来ますが、間違った保管方法だと使用期限を迎えるまでに以上で説明した異常が見られる場合があるのです。

美容液は温度や湿度が低い場所に保管するのが適切なので、冷蔵庫などに保管すると良いでしょう。

さいごに

美容液に限らず様々な化粧品には使用期限があります。

開封後と開封前では使用期限が全く違うので、出来る限り早めに使い切ることが鉄則だと言えるでしょう。

化粧品やお肌はデリケートなので、肌トラブルを引き起こさない為にも適切な場所にしっかりと保存することが大切ですね。

-美容液の効果
-,

Copyright© 今売れてる40代におすすめの美容液ランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。