美容液の効果

美容液と化粧水と乳液の違いは?役割が違うの?

投稿日:

 

私たちが普段から使っている様々な化粧品ですが、それぞれに様々な役割があります。

貴方はそれぞれの役割をきちんと理解して使っていると言えますか?

ただ必要だからなんとなく使っているという人もいるかもしれませんが、それでは化粧品本来の役割を最大限発揮出来ない可能性があるでしょう。

きちんとそれぞれの化粧品の役割を知っておくことで、正しく使いこなせると言えます。

そこで、美容液や化粧水、乳液の違いは何か、それぞれにはどんな役割があるのかをご説明します。

美容液や化粧水、乳液にはどんな違いがある?

普段から何気なく使っている美容液、化粧水、乳液には様々な違いがあります。

なんとなく使っていても効果を発揮するかもしれませんが、違いを知っておくことで、もっと適切な使い方が出来るでしょう。

それぞれにはどんな違いがあるのでしょうか。

それぞれの化粧品の違いとは?

化粧水や美容液、乳液には極めて大きな違いがあると言えるでしょう。

大きな違いがあるにもかかわらず使っていると、化粧品としての役割を完璧に果たすことが出来ない可能性があるでしょう。

それぞれの化粧品の違いは大きく分けて、肌に潤いを与えるか、肌の悩みを改善する成分が含まれているか、潤いが逃げないように蓋をするかどうかの違いがあります。

化粧水には様々な保湿成分が含まれているので、肌に潤いを持たせるのに欠かせない化粧品です。

他の化粧品にも保湿成分が含まれていることがありますが、その効率は化粧水よりも劣ることが多くあります。

したがって肌を保湿したいのであれば化粧水が必須となるでしょう。

また、美容液を使っているのと使っていないのとでは肌に与える影響が大きく違います。

美容液には肌のシミやしわなどを改善してくれるような有効成分が含まれている為、美容液を使うだけで様々な肌トラブルを改善したり、乾燥から肌を守ったりする効果があるのです。

もしも美容液を使っていなくて物足りないと感じたなら、肌が美容液を必要としている状態かもしれません。

そして乳液はべたつくような感覚を与えるものではなく、肌に与えた保湿成分を逃がさない効果があります。

化粧水だけでスキンケアを済ませてしまう人もいるかもしれませんが、それでは時間が経つにつれて保湿成分が逃げやすくなってしまいます。

乳液はそれを防ぐ為のもので、潤いを逃がさないという大きな違いがあるのです。

それぞれの役割を詳しくご紹介!

化粧水、美容液、乳液にはそれぞれ様々な違いがあると説明しましたが、役割も大きく違います。

一つの化粧品でカバー出来るならそれでも良いかもしれませんが、確かな効果を実感したいならそれぞれの化粧品を欠かさず使うのがお勧めです。

それぞれの化粧品が持つ役割とはどんなものなのでしょうか。

化粧水の役割

通常、洗顔をして肌の汚れを落としてから化粧水を使うのですが、なぜ化粧水を使用するのか考えたことがありますか?

洗顔を行うと、肌の汚れを落とすと同時に無防備な状態になるのでどんどん水分が蒸発してしまうことになります。

水分が蒸発してしまった肌は乾燥気味になるなどの問題が発生するので、早急に肌に水分を与えなければなりません。

しかし、普通に水を与えようとしても肌の内部まで水分が浸透することはまずありません。

それは体内で防御作用が働いていることと、毛穴から分泌される油分である皮脂によって水分の浸透が阻害されてしまうからです。

このままでは肌に水分を浸透させることが出来ませんが、ここで使用するのが化粧水です。

化粧水には本来水分が浸透しない肌に保湿成分を浸透させる為の工夫が行われているので、体内の防御作用が働いていても皮脂が分泌されていても効率良く肌を保湿してくれます。

大半が水で出来ているので肌に刺激を与えることもありませんし、肌の調子を整えて柔らかくしたり油分バランスを整えたりと様々な効果をもたらしてくれます。

例え乾燥肌やオイリー肌で過剰に皮脂が分泌されやすい人でも、化粧水を使用することで過剰な皮脂の分泌を抑えることが可能です。

しかし、化粧水には様々な役割があるとはいえ、化粧水のみで保湿を済ませるのは得策ではありません。

化粧水はあくまで洗顔後の保湿に使われるものなので、さらに保湿成分が含まれているものを使いたいなら美容液などの化粧品を使うほかないでしょう。

洗顔後の保湿方法として化粧水を使うようにすれば、効率良く肌を引き締めることが出来ますね。

美容液の役割

美容液を使っていないと何だか物足りないと思ったことはありませんか?

それは、美容液に肌の悩みを改善するのに有効的な成分が含まれているからです。

美容液の基本的な役割は、有効成分によって肌に様々な効果をもたらすことです。

美容液は元々肌への有効成分が濃縮されている化粧品なので、種類や使い方によって様々な肌トラブルのケアが出来るのが美容液を使う目的となります。

また、美容液には乳液と同じく化粧水の蒸発を防ぐ効果もあるのです。

化粧水を塗っただけでは時間が経つにつれて蒸発してしまうので、美容液か乳液のどちらかで防がなければなりません。

ただ、シミやしわを隠したい、乾燥を何とかしたいなどといった悩みを持つ人は有効成分が含まれている美容液を使った方が様々な効果が得られるでしょう。

しかし、美容液を使う時のやり方が間違っていたら意味がありません。

大量につけたからといってより効果が現れるわけではありませんし、美容液をつける時に強く叩いてしまうと肌に刺激を与えることになってしまうので意味がありません。

正しいやり方を知ってこそ効果が得られる化粧品だと言えます。

乳液の役割

乳液の役割は肌の潤いが逃げないように保護することです。

化粧水を使っただけではいずれ蒸発してしまうので、乳液による油分の膜を作ることで潤いが外部に蒸発しないようにブロックしてくれます。

化粧水の成分なども失われないように守ってくれますし、様々な美容成分を肌に浸透させる役割もあるので保湿に欠かせない化粧品と言えるでしょう。

実際に乳液を使ってみるとベタベタする感覚があって嫌だと思うかもしれませんが、これはセラミドなどの保湿成分を浸透させる為の必要な油分なので、乳液を使う意味は十分にあります。

さいごに

化粧水や美容液、乳液と様々な化粧品の役割を知ってこそ効率が良いスキンケアが出来ると言えるでしょう。

物によってはすぐに使い切ってしまったり費用がかかったりするかもしれませんが、化粧水を欠かすと上手く保湿が出来なくなる可能性があります。

それ以外にも美容液を欠かすと何だか物足りないと思ったり、乳液を欠かせば肌の水分が蒸発してしまったりと多くの問題が起きかねません。

それぞれの役割があってこそ正しい肌ケアが出来ているのかもしれませんね。

-美容液の効果
-, , ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめの美容液ランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。