「最近、顔が老けてきたような気がする…」

「ママ友が自分より若く見えるのが悔しい…」

「少しでも若く見られたい…」

そのような悩みはありませんか?

若いころはあまり気にならなくても40代になると見た目年齢はずいぶん違ってきます。

特にお手入れをしている女性としていない女性は差が開くばかり。

「何か新しい美容液でも探してみようかな?でも40代におすすめの美容液って何かないのかな?」

と疑問に思うかもしれません。

今回は、40代の私が実際に使用したことがある美容液の中からおすすめのものをランキング形式で紹介します。

実際に使用したレビューもありますので是非、チェックしてみてくださいね。

忙しい人用に先にランキングを掲載します。

1位

>>>ビューティオープナーオイル<<<

(ハリや弾力が気になる人におすすめ)

2位

>>>APP-Cフラセラム<<<

(美白肌を手に入れたい人におすすめ)

3位

>>>エクラトーキョー プレミアムエッセンス<<<

(エイジングケアならこれがおすすめ)

それではどうぞ。

40代、「若見え」と「老け見え」の差は「肌」で決まる!

40代になると、女同士で集まることが増えてきます。

学生時代の友人、PTAや授業参観。

40代女性が集結すると、そこに明らかに差が見られます。

その差とは「若見え」と「老け見え」。

では「若見え」と「老け見え」の差はどこから来るかというと、ずばり「肌」です。

実は私のママ友に、元ニュースキャスターの方がいらっしゃるのですが、彼女はとにかく若く見える!

その秘密は、やはり肌。

シミ・くすみのない、透明感のある肌。

弾力が感じられる、ふっくらした頬。

ハリもあるので、40代女性にありがちな「顔のたるみ・もたつき」もありません。

彼女の実年齢は40代半ばですが、どう見ても20代後半~30代前半。

辛口で正直な小学生男子からも、決して「おばさん」などと言われません。

では若見え肌を手に入れるには、どうすればよいのでしょうか。

そのカギは、どうやら美容液にありそうです。

30代のスキンケアはもうNG!40代は美容液。

40代になってからヒシヒシと感じるのは、30代までのスキンケアでは追いつかないということ。

30代までは、化粧水・乳液・クリームを顔全体にパパッと塗るぐらいで十分でした。

でも40代になると、それだけでは到底追いつかないという現実が立ちはだかります。

ではなぜ、40代になると30代のスキンケアでは追いつかなくなるのでしょうか。

40代は、活性酸素を減らす力が一気に低下

人間の体には、活性酸素を除去する酵素SODをつくる働きがあります。

実は酵素SODのパワーは、30代から徐々に減少し、40代になると一気に低下します。

活性酸素は、肌老化の一番の原因。

40代になると、活性酸素を除去するパワーがガクンと落ちるので、30代のスキンケアでは追いつかないんです。

女性ホルモンの減少

40代になると、更年期の不調が待ち受けています。

更年期の不調は、女性ホルモンの乱れ・減少が原因。

女性ホルモン=エストロゲンは、肌に弾力を与えるコラーゲンを増やします。

エストロゲンが減るということは、すなわちコラーゲンも減ることになるんです。

40代になると、30代とは比較にならないぐらいエストロゲンが減少。

だから30代のスキンケアでは、追いつかなくなるんです。

血行・代謝が悪くなる。

40代になってから太りやすくなったという方、多いのではないでしょうか。

40代の体は、30代に比べると血行や代謝が明らかに悪くなります。

血管は老化とともに硬く弱くなるので、どうしても血流が悪化。

また血管もコラーゲンでできているので、女性ホルモンの減少などでコラーゲンが減っている40代は、血管まで弾力を失っています。

血行・代謝が悪くなっている40代は、代謝の良かった30代とは血管レベルで違うんです。

このように、40代と30代の体は同じように見えて、実はかなり違います。

体の中から老化・硬化・ガタが来ている40代。

美容液できちんと40代らしいスキンケアをしないと、急加速で老け顔になっていきます。

そもそも美容液ってなに?

さて、40代になると美容液が必要と書きましたが、そもそも美容液とは何でしょうか。

美容液とは「化粧水とは異なって、粘度があり、保湿機能とともにクリームや乳液のようなエモリエント機能をもつもの」と定義されています。

この「エモリエント」とは、肌を柔らかくすることを指します。

要するに美容液とは「保湿に加え、肌を柔らかくする機能をもつコスメ」ということになるんですね。

40代になると、若い頃より血行や代謝も悪くなり、コラーゲンを産み出す力も弱くなります。

そうなると肌はゴワゴワと硬化。

つまり40代になると美容液が必要になる理由は、「固くなった肌を柔らかくする努力を、今までの何倍もしなければならないから」なんです。

さらに今どきの美容液は、機能が豊富でハイクオリティ。

赤ん坊の肌に存在する希少なコラーゲンや、活性酸素を除去する機能などを搭載。

iPS細胞やES細胞などで話題の再生技術を投入し、細胞レベルで生まれ変われる美容液まで登場しています。

女性の肌は30代から徐々に陰りを見せ、40代でシミ・シワ・くすみ・たるみなどのエイジングサインが爆発します。

そんな様々なエイジングサインに、しっかり対応してくれるのが「美容液」という名のコスメ。

その美容液を使いこなせるか否かが、10年後の姿、いえ一生の姿を分けるといえます。

美容液にはどんな種類があるの?

さて、ひとくちに「美容液」といっても種類は様々。

美容液には、どんな種類があるのか見てみましょう。

(1)保湿美容液

保湿美容液は、美容液の主流。

顔全体に潤いをもたらしますが、特に目元・口元を徹底保湿することでシワやたるみ対策ができます。

・代表的な成分:セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワランなど。

(2)美白美容液

美白美容液の役割は、シミ・そばかす対策。

メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを予防する効果が期待できます。

肌を明るくし、透明感をもたらす効果も望めます。

・代表的な成分:ビタミンC誘導体、レチノール、ハイドロキノン、甘草エキスなど。

(3)エイジングケア美容液

エイジングケア美容液は「ハリ・弾力」がねらい。

ずばり、見た目年齢は「ハリ・弾力」で決まります。

エイジングケア美容液はハリの低下を食い止め、ほうれい線やフェイスラインのたるみを解消。

そうすることで、若々しい印象を作り上げてくれます。

・代表的な成分:コラーゲン、ビタミンC誘導体、シスチンなど。

(4)幹細胞美容液

「美容液もここまで来たか!」と言える、美容液の最終進化形です。

幹細胞とは、健康を維持したり、傷を治したりする働きのある細胞。

つまり幹細胞美容液とは、肌を細胞レベルで健やかな状態にただし、維持する美容液といえます。

ES細胞やiPS細胞の登場で、医療も「再生」の時代に突入していますが、美容液もついに「補う」から「再生」にシフトしてきています。

40代の美容液。選び方のポイントは?

美容液に色々な種類があることはわかりました。

でも、いざ買おうと思うと、どんな美容液が良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、美容液の選び方のポイントをまとめました。

コラーゲンが入っているもの

とにかく若く見せたいなら、ハリ・弾力が最優先。

そのためには、コラーゲン入りの美容液がおすすめです。

コラーゲンは肌の真皮を作る重要な成分。

コラーゲンを補うことでハリ・弾力が出ると、一気に若々しく見えます。

ビタミンC誘導体が入っているもの

美肌といえばビタミンCですよね。

ビタミンCはコラーゲンの合成を促したり、活性酸素を除去したりとマルチな活躍をしてくれます。

よって美容液を選ぶ際には、ビタミンCの吸収を助けるビタミンC誘導体入りがおすすめ。

シミ・シワ・たるみなど、年齢肌のあらゆる悩みに応えてくれます。

抗酸化成分が含まれているもの

肌の老化は、主に活性酸素によって引き起こされます。

美容液で徹底的にエイジングケアをするのなら、抗酸化作用の高いものがおすすめです。

医療機関や大学で研究されているもの

40代になると、肌も敏感になってきます。

肌トラブルを避けたいなら、大学の研究所や医療機関がバックについているものを選びましょう。

効果も安全性も高いのでおすすめです。

対症療法ではなく、体の内側からエイジングケアしてくれるもの

美容液には、美容成分が豊富に含まれています。

でも対症療法的に、肌に美容成分を乗せるだけでは、真のエイジングケアにはなりません。

保湿成分を塗りたくるのも悪くはありませんが、体の奥深くからケアできる美容液が望ましいです。

価格が「ちょっと高め」なもの。

美容液は、一般的に高価格。

でもその「高価格ぶり」も、美肌づくりをサポートしてくれます。

だからといって、あまりにも高価だと使い続けることができないので、「ちょっぴり高価格」なものを選ぶのがコツ。

「私は自分に投資している」「ぜいたくなスキンケアをしている」と思う気持ちは、心を豊かにします。

心が豊かになると、外側からも内側も輝く肌を作ることができますよ。

40代におすすめの美容液ランキング

ではいよいよ、「40代におすすめの美容液ランキング」にまいりましょう!

40代女性の肌が今、いちばん求めている美容液とは?

第1位 ビューティーオープナー

ビューティーオープナーの特徴

洗顔後すぐに使う、導入美容液。

2017年9月の1ヶ月間だけで30,000本を売り上げ、モンドセレクション金賞受賞と、人気・実力ともにトップの美容液です。

人気の秘密は、卵殻膜エキスにあります。

卵殻膜エキスとは、東大教授陣らの共同開発で生まれたエイジングケア最強成分。

赤ちゃんに多いⅢ型コラーゲンが入っているため、ゴワゴワ肌を、赤ちゃんのようなふっくら肌にしてくれます。

肌を柔らかくする効果が高いので、次に塗る化粧水が浸透しやすくなり美肌効果アップ。

また、ふっくら肌になることで、たるんだ毛穴が引き上げられ、毛穴も目立たなくなります。

さらにビューティーオープナーは、透明感をもたらす効果も強力。

美白でおなじみの成分L-システインがたっぷり入っているので、くすみを飛ばし、顔を明るくしてくれます。

ビューティーオープナーのおすすめポイント

ビューティーオープナーのおすすめポイントは、次の4つです。

◇すぐにふっくら、ずっとふっくら肌を実現。

◇効かなくなったコスメが見事復活。

◇スポイト式で、使う量を調節できる。

◇少量でいいからコスパ良し。

では、1つひとつについて見てみましょう。

すぐにふっくら、ずっとふっくら肌を実現。

ビューティーオープナーの魅力は、効果に即効性と持続性があることです。

赤ちゃん肌特有のⅢ型コラーゲンの力で、夜塗るだけで、朝の肌がふっくら。

朝は塗った後、すぐにメイクをすれば、メイクがよくなじみ化粧崩れが起きません。

ビューティーオープナーは即効でふっくら肌を作り、一度つければ長時間効果が持続します。

効かなくなったコスメが見事復活

「40代になってから化粧水が浸透しなくなった」「他のコスメに変えようかな」と思っていた人はちょっと待って!

ビューティーオープナーと一緒に使えば、手持ちのコスメがグングン浸透。

買い換える必要がなくなりますよ。

スポイト式で、使う量を調節できる。

ビューティーオープナーはスポイト式で、手の平に1~2滴取り、顔にのばしていきます。

スポイトなのでドバッと出てしまう心配がありませんし、使う量を簡単に調節できます。

少量でいいからコスパ良し。

ビューティーオープナーは、一見高価格に見えます。

でも使う量は、スポイトで1~2滴と少量でOK。

1本でかなり長期間使えます。

結果的に、非常にコスパが良い美容液といえます。

ビューティーオープナーは、どんな人におすすめ?

ビューティーオープナーは、こんな人におすすめです。

◇弾力のある柔らか肌にしたい人

◇毛穴が気になる人

◇化粧崩れを防止したい人

◇透明感を出したい人

◇手持ちの化粧水や乳液が、浸透しなくなったと感じている人

ビューティーオープナーを使用した感想

あまりにも早く肌に浸透するので、つけた瞬間は効果がわかりにくいです。

でもつけた翌朝の肌が、明らかにふっくらもちもちに。

「どこからこの『ふっくら』はやってきたの? 小人の靴屋みたい!」と不思議に思ったほどです。

またこのビューティーオープナー、朝もしっかり使えるのが嬉しいところ。

リッチなテクスチャーなので「一日中ベトベトするのでは」と不安でした。

でも非常に肌なじみが良いので、つけた直後でもメイクが可能。

キメが整うせいか、メイク崩れもほとんど起きませんでした。

ビューティーオープナーは透明感を出してくれますが、その理由は化粧崩れがないからかも。

もちろん、ビューティーオープナーの成分そのものの力もあるでしょう。

でもファンデやパウダーをつけたばかりの顔を維持できるから、一日中くすみのない顔でいられます。

容器が半透明で残量がわかりやすいのも、高ポイント。

私は定期購入しているので、残量を見ながら、次回お届けまでの使用量を調節。

「ビューティーオープナーがなくなっちゃった!」と焦ることがありません。

気になる点としては、香りがちょっときついこと。

精油配合のため、ハニージンジャーのような香りがハッキリクッキリとあります。

私はもともとハニージンジャーの香りが好きなので、特に気になりませんが、「ニオイが苦手」という人もいるようです。

何が何でも無香のコスメを使いたいという人には、不向きかも。

でも個人的な感想としては、美肌効果が高いので、香りの問題を差し引いても十分使う価値はあると思います。

ビューティーオープナーを実際に使用してみたレビュー記事はこちらになります。

【口コミ】40代がビューティーオープナーオイルを試したら、マイナス10歳肌ではなく10歳肌になった

ビューティーオープナーを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

ビューティオープナーオイルを詳しく見てみるならこちら

第2位 APP-Cフラセラム

APP-Cフラセラムのおすすめポイント

APP-Cフラセラムのおすすめポイントは、次の4つです。

◇年齢肌のプロが作ったドクターズ・コスメ。

◇ビタミンC100倍浸透で、透明感が出る。

◇フラーレンが活性酸素を除去。

◇衛生的で使いやすいエアレスポンプ。

では、一つひとつについて見ていきましょう。

年齢肌のプロが作ったドクターズ・コスメ。

APP-Cフラセラムは、ドクター・ソワの「アマランス」シリーズのひとつ。

「アマランス」は、広尾プライム皮膚科が監修しているスキンケアブランドです。

広尾プライム皮膚科は、年齢肌解消を得意とするクリニック。

APP-Cフラセラムは、エイジングケアのプロフェッショナルが、10万人以上の肌データをもとに開発しています。

またドクターズ・コスメということで刺激やピリピリ感もないので、敏感肌でも安心して使えます。

ビタミンC100倍浸透で、透明感が出る。

APP-Cフラセラムは、ビタミンC誘導体美容液です。

世の中にビタミンC誘導体美容液はたくさんありますが、APP-Cフラセラムはそのパワーが強力。

APP-Cフラセラムに含まれるAPPSは、進化形ビタミンC誘導体。

従来のビタミンC誘導体の100倍以上も、浸透力があるんです。

APP-CフラセラムならビタミンCをグイグイ取り込めるので、ワンランク明るい肌になれます。

フラーレンが活性酸素を除去。

APP-Cフラセラムには、活性酸素を除去するフラーレンが豊富に配合されています。

活性酸素は老化の元凶。

活性酸素を除去する力が強いというのは、老化を少しでも食い止めたい40代にとっては非常にありがたいです。

しかもAPP-Cフラセラムは、R.S.(ラジカルスポンジ)マークを取得。

第三者機関から「フラーレンが高濃度に含まれている」と認定されています。

フラーレンにはメラニンの産生を抑える効果が期待できるので、日焼けによるシミ・ソバカス・シワが気になる方にもおすすめですよ。

衛生的で使いやすいエアレスポンプ。

APP-Cフラセラムはポンプ式なので、片手でサッと使えてとても便利。

しかも酸素や不純物の入らないエアレスポンプなので、ずっと新鮮な状態で衛生的に使えます。

APP-Cフラセラムは、どんな人におすすめ?

APP-Cフラセラムは、こんな人におすすめです。

◇とにかく美白したい人

◇エイジングサイン全般をまんべんなく解消したい人

◇敏感肌で、なるべくドクターズ・コスメを使いたい人

APP-Cフラセラムを使用した感想

容器がツルツルしておらず、ちょっとスリガラスっぽい手触りなので持ちやすいです。

気になるニオイは全くなし。

テクスチャーも、非常にサッパリ。

手に取った瞬間「これってただのお水? 本当に効果があるのかしら?」と首をかしげるほどでした。

ドクターズ・コスメだけあり刺激がないのは良いのですが、顔につけた時もサッパリしていて「本当に美容液?」となかなか疑問はぬぐえず。

APP-Cフラセラムの第一印象は、全体的にシンプルでスッキリサッパリしているので、「美容液」という感じがしませんでした。

ところが数日後、効果が突然出現。

使いはじめて5日ほど経った頃、自分の顔がワンランク、いえツーランクぐらい明るくなっていることに気づきました。

APPSが、ビタミンCを肌にグイッと押し込んでくれるせいでしょうか。

顔全体がパッと明るくなり、美白クリームが要らなくなりました。

のびが良いので、顔だけでなく首、デコルテ、腕にものばしましたが、やはり全体的に肌が明るくなった様子。

美白効果の高さに、思わず目をむきました。

このAPP-Cフラセラム、ファーストインプレッションは「お水」みたいですが、使ううちに「れっきとした美容液」であることがしっかり実感できます。

APP―Cフラセラムを実際に使用したレビューはこちらをどうぞ。

【口コミ】APP-Cフラセラムを40代主婦がお試し!1週間で「えっ、これ私?」その驚きの効果とは?

APP―Cフラセラムを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

APP-Cフラセラムについて詳しく見てみる

第3位 エクラトーキョープレミアムエッセンス

エクラトーキョープレミアムエッセンスのおすすめポイント

エクラトーキョープレミアムエッセンスのおすすめポイントは、次の4つです。

◇ヒト幹細胞培養液配合で、細胞レベルで美肌を作れる。

◇ハリが出て、たるみを解消。

◇1日中、ほどよいシットリ感が続く。

◇ニオイ・ベタつきがなく朝晩使える。

では、1つひとつについて見てみましょう。

ヒト幹細胞培養液配合で、細胞レベルで美肌を作れる。

エクラトーキョープレミアムエッセンスは、幹細胞美容液。

ヒト幹細胞培養液が高濃度で配合されており、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作る線維芽細胞を産み出してくれます。

幹細胞コスメは現在、たくさん出ていますが、エクラトーキョープレミアムエッセンスはヒト由来の幹細胞。

ヒトにはヒトのものがいちばん効果があるので、幹細胞コスメのなかでも高い効果が期待できます。

「補う」のではなく「再生させる」という、細胞レベルの美を叶えてくれます。

ハリが出て、たるみを解消。

エクラトーキョープレミアムエッセンスは、ハリのもととなる成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を産み出すサポートをします。

体の内側からハリ肌を作ることで、たるみの解消も期待できます。

1日中、ほどよいシットリ感が続く。

エクラトーキョープレミアムエッセンスは、とってもみずみずしいテクスチャー。

浸透が早く、内側から保湿するので乾燥知らず。

1日中ほどよいシットリ感が続きます。

メイクのノリも良くなり、化粧崩れも抑えられます。

ニオイ・ベタつきがなく朝晩使える。

ニオイもベタつきもないので、朝、つけた後にすぐにメイクができます。

肌への負担が非常に少ないので、エクラトーキョープレミアムエッセンスをつけた後に、他のスキンケア商品を顔に塗っても重さを感じません。

エクラトーキョープレミアムエッセンスは、どんな人におすすめ?

エクラトーキョープレミアムエッセンスは、こんな人におすすめです。

◇今までのスキンケアでは足りず、細胞レベルで美活したい人。

◇とにかくハリを出したい人。

◇メイクのノリを良くしたい人。

◇即効性は求めず、長期的な視野でじっくりエイジングケアをしたい人。

エクラトーキョープレミアムエッセンスは幹細胞コスメなので、細胞レベルで再生させてくれます。

よって、即効性よりも5年後、10年後の肌を考えた「長期的なエイジングケア」をしたい人に非常におすすめです。

エクラトーキョープレミアムエッセンスを使ってみた感想

エクラトーキョープレミアムエッセンスは、若干とろみのあるジェル状美容液。

容器は小さく、ワンプッシュで出てくる量もごくわずか。

でもごく少量で、顔中にスイスイのびます。

サラッとした塗り心地ですが、肌が内側からみずみずしくなるのをはっきり実感。

1日中、吸いつくようなシットリ感が続きます。

細胞レベルで美肌をつくるということで、最低1ヶ月は使いつづけないと、本当の効果はわからないかも。

即効性を求める人には物足りないかもしれません。

でも「50歳、60歳になってもキレイでいたい」と思う方には、確実に期待に応えてくれる美容液です。

エクラトーキョープレミアムエッセンスを実際に使用したレビューはこちらをどうぞ。

【口コミ】エクラトーキョープレミアムエッセンスを試して分かった良い点悪い点はこれ

エクラトーキョープレミアムエッセンスを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

エクラトーキョー プレミアムエッセンスを詳しく見てみるならこちら

美容液Q&A

ここでは、美容液が初めての人向けにQ&A形式で疑問にお答えしたいと思います。

美容液と導入美容液の違いは?

美容液と導入美容液の違いは、まず使う順番にあります。

美容液は、一般に化粧水の後に使います。

化粧水をつけた後、潤いが足りない部分に重点的に塗るなど、基本的なスキンケアにプラスするのが美容液です。

一方、導入美容液は化粧水の前に塗る美容液。

硬くなった肌をやわらかくほぐし、化粧水の有効成分が肌に浸透するルートを作ります。

基本的なスキンケアの効果をアップし、ついでに美容成分も補えるので一石二鳥の美容液といえます。

美容液を買う時や、買った美容液を使う際には、「美容液」なのか「導入美容液」なのかをよく確かめましょう。

使う順番を間違えると、効果が半減するので注意が必要です。

美容液で肌トラブルは治せる?

美容液は基本的に、トラブルの予防として使うアイテムです。

確かに商品ごとに訴求成分(美白に効果が期待できる成分等)はありますが、治療目的に使うものではありません。

肌トラブルで悩んでいる場合は、美容液をつける前に皮膚科を受診しましょう。

症状が落ち着いたら、予防として美容液を使うのがおすすめです。

美容液を重ねづけすれば、もっと美肌になれる?

美容液には美容成分が豊富に入っている分、過度につけすぎると、却って肌の状態を悪くする恐れがあります。

むやみに重ねづけすると、肌に負担をかけることになるので、やめたほうが無難です。

もし複数の美容液を使いたいのなら、朝用・夜用と分けて使うのがおすすめ。

特に夜は「美のゴールデンタイム」なので、睡眠前に美容効果の高い美容液を塗っておくと効果的です。

美容液の効果をアップさせるには?

美容液は、マッサージをしながら塗ると効果的です。

商品の取り扱い説明書に、マッサージ法が載っている場合が多いので、それを参考にマッサージしながら塗ってみましょう。

美容成分がよく浸透し、美容液の効果をアップさせることができます。

美容液は高いほうが効く?

美容液は、価格にかなりバラツキがあります。

1本の相場としては3,000円~10,000円程度といえるでしょう。

実は同じ美容成分でも、ランクがあります。

たとえばヒアルロン酸やビタミンCのなかには、質の高いものも低いものもあります。

その「質」が価格に反映されているとすれば、ある程度高価格なほうが質が良いといえます。

なお、あまりにも高価なものはブランド代が入っているので、高ければよいというものでもありません。

自分の肌にとって本当に必要なものと予算とを考えながら、賢く美容液を選びましょう。

美白美容液は夏だけ使えばいい?

美白美容液は、紫外線が強い季節だけ使う人が多いようです。

でも美容液は「治療」ではなく「予防」するためのアイテム。

美白美容液は、これから生成されるメラニン色素を減らすよう作られているので、紫外線を浴びる季節になってから使っても手遅れです。

本気で美白するのなら、美白美容液は1年中使いましょう。

さいごに

肌老化が加速する40代にとって、美容液は必須アイテム。

若見え肌でいるためには、それぞれの肌悩みに応える美容液を使い、ピンポイントでケアをすることが必要です。

「40代におすすめの美容液ランキング」にランクインしている美容液は、どれも肌を内側からよみがえらせる実力派。

使うと使わないとでは、数年後のあなたが確実に変わってきます。

ぜひ、あなたの肌悩みに合った美容液で、若々しい40代、50代、60代・・・をお過ごしくださいね。

1位

>>>ビューティオープナーオイル<<<

(ハリや弾力が気になる人におすすめ)

2位

>>>APP-Cフラセラム<<<

(美白肌を手に入れたい人におすすめ)

3位

>>>エクラトーキョー プレミアムエッセンス<<<

(エイジングケアならこれがおすすめ)

投稿日:

Copyright© 今売れてる40代におすすめの美容液ランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.